2017年9月16日土曜日

VAMOS ブラジる!?

毎年9月に開催される『VAMOSブラジる!? ♪音楽で結ぶ中央線ブラジル化計画♪』は今年で6年目。そのうち4回に観客として参加しています。今回は阿佐ヶ谷、西荻窪、吉祥寺の6店で2日間、72プログラムが開催されたうち、4公演を聴きに行きました。

ひとつめは西荻窪COCO PALM で Banda Choro Eletrico。今日は、ベース沢田譲治さん、ピアノ堀越昭宏さん、ドラムス沼直也さん、フルート尾形ミツルさん、トロンボーン和田充弘さん衣山悦子さん、スルドちっちさん、パンデイロRINDA☆さん、パーカッションサム・ベネットさん伊左治直さん坂本真理さんの11人編成。流動的なユニットには複数のボーカリストが参加していますが、今回は完全インストゥルメンタルです。リーダーの沢田さんが言うにはフランク・ザッパマーラーのハイブリッド。かなりスペイシー。ブラジルの伝統音楽であるショーロから出発して気づいたらずいぶん遠くまで来ていた。

中央線に乗って阿佐ヶ谷へ移動。2軒目はJAZZバーSTACCATO、ボーカルわきちかこさん、7弦ギター尾花毅さん、パンデイロ宮澤摩周さんのトリオによるサンバセッションを聴きました。広いレンジとダイナミズムを持つ尾花さんのギターの存在感。わきさんの正統的な歌唱はメロディがすっと入ってくる。Banda Choro Eletricoの強過ぎる刺激を中和する、我ながらナイスセレクションです。

そしてすぐ隣の駅ビルに入っているSoul玉Tokyoへ。カツヲスペシャル(画像)。カツヲは沢田譲治さんとボーカルまえかわともこさん(左利き)のデュオをベースにしており、今回はピアノ田尻有太さん(王子)、Banda Choro Eletricoからドラムス沼直也さん、トロンボーン和田充弘さんの2人を加えたクインテット。静寂。静謐さのなかに極限まで抑制されたグルーヴがひっそりと置かれている。5人から手渡される小さな音の重なりが美しく、その抽象性はある種の高みに到達しています。

でも、フルスロットルのまえかわさんも聴きたいよね。ということで最後は吉祥寺World Kitchen BAOBABで、THEシャンゴーズ。尾花毅さんが別のセッションに参加しており、まえかわともこさん、ギター中西文彦さん、パーカッション福井豊さんのトリオ編成。ガットギターにディストーションをかけてハウリング込みでループ。ノイズの奔流。カツヲの抑制美とは反対に、まえかわさんの歌はエモーショナルでパッショネート。自由過ぎる二人をアンアンブルに繫ぎとめる福井さんのカホン。立ち見も含めぎっしり埋まった客席も最後は「夜明けのサンバ」に大合唱で応える。アンコールではマツモニカさんが飛び入りし、座は一層盛り上がる。音楽の幸福な時間が生まれる場面に立ち会えた喜び。

ショーロ、サンバ、MPB、大なり小なりブラジル音楽の典型からはみ出したアクトを回りましたが、いずれもその狂騒的なリズムにはトラディショナルに対する確かな信頼とリスペクトが存在しています。それこそが2017年の東京でブラジル音楽を鳴らし、楽しむ意味だと、清々しい気持ちで中央線に乗り、帰途につきました。

 

2017年9月3日日曜日

パターソン

秋晴れの日曜日。ヒューマントラストシネマ有楽町ジム・ジャームッシュ監督作品『パターソン』を観ました。

舞台は現代、米東海岸ニュジャージー州の郊外パターソン市。月曜日の朝6時過ぎ、主人公パターソン(アダム・ドライバー)は目を覚ます。隣で眠る美しい妻ラウラ(ゴルシフテ・ファラハニ)の二の腕に口づけベッドを出る。シリアルを食べ、前夜妻が作ったサンドウィッチを提げて、市営バスの車庫に出勤する。

同僚の家族に対する愚痴を聞き、路線バスを定期運航させる。帰宅夕食後に愛犬マーヴィンの散歩がてらいつものバーに立ち寄りビールを1杯飲む。そんな平凡な平日が5日繰り返され、週末の休みを迎える。

出勤の途中で、始発バスの発車前に、休憩時間や退勤の道のり、思いつくままに詩をノートに書き留める。だがその作品はどこにも発表されたことがない。妻だけが高く評価している。

妻ラウラのエキセントリシティがパターソンの日常の平穏さを強調するが、繰り返される日々にひとつとして同じ日はない。バスの乗客が違えば会話の中身も違うし、バーの客の顔ぶれが変われば出来事も変わる。そのメタフォリックな存在として双子の兄弟姉妹が複数登場します。

ジャームッシュ監督ならではのオフビートなユーモアが随所にさりげなく置かれ、爆笑こそないもののクスッとさせられる場面がたくさんあります。そして主人公夫妻が一点の曇りもなくお互いを愛し、信じ、認め合っているのが、ファンタジーと知りつつも幸せな気持ちになります。

大学2年のときに靴下屋でバイトしていた当時のガールフレンドと渋谷のミニシアターで観た『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の格好良さとヘタレ感の同居は衝撃的でした。そして『パーマネント・バケーション』『ダウン・バイ・ロー』。あれから30年経って巨匠と呼ばれるようになってもジャームッシュ監督は変わらないなあ、と思いました。

それからウィリアム・カーロス・ウィリアムズアレン・ギンズバーグが同郷でパターソン出身だというのをこの映画で初めて知りました。 



2017年9月2日土曜日

ポエトリースラムジャパン2017秋 東京大会C

午前中の雨が上がった明るい土曜日の午後。西新宿芸能花伝舎で開催されたポエトリースラムジャパン2017秋 東京大会Cを観戦しました。毎年5月にパリで開かれるポエトリースラムのワールドカップ(フランスなのでクープデュモンド)の日本代表決定戦の地区予選です。

24名の選手の中から優勝した大島健夫さん、準優勝道山れいんさん、会場賞三木悠莉さんの3人が素晴らしいパフォーマンスで全国大会に駒を進めました。おめでとうございます。

東京大会Bではプリシラレーベルから詩集を出版している石渡紀美さんが優勝しました。今回は同じくプリシラメイツの小夜さん(画像)がエントリーしているということで、3年前に始まったこの大会を初めて観戦するために、廃校の音楽室をリノベーションした会場に向かいました。

審査員は客席から無作為に選ばれた5人が対戦毎に入れ替わります。反権威主義が徹底されたスーパーフラットなルールですから、選手と審査員の相性によって、特に初戦は採点が左右される。今日の傾向としては、家族や郷愁など身近なテーマ、シンプルなレトリックの作品とフラットで明瞭な発声のパフォーマンスが得点を集めていたように思います。

シンタックス/ロジック的にはやや難解で皮膚感覚にぐいぐい訴えてくるような三木悠莉さんの作品はそのなかでも異彩を放っており、僕は最も惹かれました。TASKE氏は残念ながら初戦敗退でしたが彼が本質的に持つ異物感が今回はとても良い方向に出ていました。勝負が賭かることで動く選手たちの一所懸命な表情が皆違って美しかった。

会場スタッフもよくオーガナイズされており、選手と観客の心情に寄り添う猫道くんの安定感のある司会進行はプロフェッショナルなクオリティで、今回一番の感動。

主催者の村田活彦氏とは長い付き合いで、毎年1回『同行二人』という朗読会を続けています。彼がこのスラムイベントを始めたいと言い出した超初期の頃、いまやカリスマ書店員となった花本武くんと3人で豊洲の中華料理店で大層呑んだ4年前の夜を思い出しました。当初はいろいろな批判や問題もあったと聞きますが、多くの協力者を得て気持ちの良いゲームに育ててきたんだなあ、という感慨がありました。

声や言葉というものは、単一的な序列をすり抜けて個人を屹立させ、時には連帯させるツールになるべきだと僕は考えます。日本一の詩人を決めるとかではなく、声と言葉の可能性を示す諸相のひとつとして、これからも続いていけばいいし、このやり方に納得いかない人は自分なりのスラムなりコンペティションなりを起こして、結果的にいろんな尺度や価値感が併存していけばいいんじゃないかな、と僕は思います。


 

2017年9月1日金曜日

CUICUIのICHIGEKI ~9.1はキューでキュイキュイ~

すこし湿った初秋の金曜日の夜、下北沢へ。CLUB Queで開催されたCUICUIの企画ライブ『CUICUIのICHIGEKI ~9.1はキューでキュイキュイ~』。昨年結成し今年2月のデビューライブの印象も鮮明なCUICUI。9月1日をCUICUIの日に決定しました。

今日が3度目のライブ。僕が観るのも3度目です。もともと力のあるメンバーによるバンドですが、ライブを重ねるたびにアンサンブルはより強固に、しかも結成当初のフレッシュネスをまったく損なうことなく、更に尖っているように感じます。

ボーカル&キーボードERIE-GAGA様のメロウでちょっと捻じれたポップセンスとベース&ボーカルAYUMIBAMBIさんの破天荒なプレイとキャラのせめぎ合いを瑞穂玲(ルィスィリュー)さんの手数の多いドラムスが豪快にまとめ上げる横で、リーダーでギターのマキ・エノシマさんは終始シューをゲイズしている。

リツイート!」「ダンゴムシダンゴムシ」「心情書き留めるみたいな孤独とはいつからか仲良くできなくなった」「イイネ!が止まらない」「僕にはカレーがあるからね」「虫除けスプレー」。洗練されたメロディに乗せる歌詞は遊び心とリアリティの狭間を攻める面白さ。

メンバーそれぞれの好みや別ユニットでの音楽性とはすこしずつ異なるCUICUIというポップな枠組みを各々が心から楽しもうというアティチュードが演奏する姿から伝わってきます。ロックンロールにはユーモアが必要だ、と言ったのはバディ・ホリーでしたっけ? キュートさと格好良さとの絶妙なバランスはまさにバンドマジック。

オープニングアクトのジャバラガールズに始まり、キスできればそれでいいしスtokyo pinsalocks と 90's NEW WAVEテイストの濃厚な一癖ある女子デュオ(+サポート)を並べたラインナップも良かったです。いいしスHITOMIさんのプリント基盤直挿しノイズマシン。tokyo pinsalocksのハウス調の曲は往年のJESUS JONESみたいでした。




2017年8月26日土曜日

ノラバー生うたコンサート

夏も終盤に差し掛かろうというここ数日、東京に唐突に猛暑が襲来しました。そんな日々ではございますが、カワグチタケシ秋のワンマンライブのお知らせです。

秋分の翌日、9/24(日)「くるぶしの日」に西東京市保谷町(最寄は西武柳沢駅)のノラバー、落ち着いた雰囲気のあるお店で、生声の朗読と美味しいお料理をお楽しみいただける完全予約制、先着11名様限定のライブです。皆様のお越しをお待ちしています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ノラバー生うたコンサート

出演:カワグチタケシ 
日時:2017年9月24日(日) 17時開場、18時開演、19時~バータイム
会場:ノラバー 
   東京都西東京市保谷町3-8-8
   西武新宿線 西武柳沢駅北口3分
   ○吉祥寺からバスもあります。
料金:4,500円
   ●ライブチャージ
   ●6種のおかずと味噌汁のノラバー弁当
   ●ハイボール飲み放題
   (ソフトドリンクもあります)
   ●スナック菓子3種
   以上全部込みの料金です。
   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

銀座のノラの物語アサガヤノラの物語でもお世話になり、超リスペクトしているミュージシャンのノラオンナさんが、7月初めにご自身のお店を持ちました。西武柳沢? どこそれ遠そう、ってお思いの方、高田馬場から20分なので阿佐ヶ谷に行くのと10分しか変わりません。それに保谷といえば敬愛する戦後詩人である故田村隆一氏ゆかりの地。すこしカバーもしてみようかな、と思っています。

今回限定のご来場特典として、銀ノラとアサノラで録ったライブのダイジェストCD-Rをもれなく進呈。朗読音源は10年以上リリースしていないので、まず激レアといえましょう(当社比)。お引っ越し祝いです。

4500円は朗読会としてはちょっとお高めの設定かもしれませんが、ライブ観て、グッズ買って、食事して帰る、と考えればそうでもないですよね。そしてお料理はどなたにも必ずご満足いただけるクオリティ。ノラさんが季節ごとに素敵なお食事メニューを考えてくださいます。

*銀ノラ、アサノラより1人増えた先着11名様限定の完全予約制です。
 ご予約は rxf13553@nifty.com まで。お名前、人数、お電話番号を
 お知らせください。お席に限りがございます。どうぞお早目に!



2017年8月20日日曜日

千葉詩亭・第四十七回

JR京葉線とモノレールを乗り継いで千葉まで。大島健夫さん山口勲さん、ふたりの詩人が毎偶数月第三日曜日に、Treasure River Book Cafe で開催しているオープンマイク『千葉詩亭』にゲストとしてお招きいただきました。

割と東京みのある詩人と思われている気がしますが、僕が生まれたのは千葉県佐倉市という坂道と川のある小さな城下町。二十歳まで暮していたのにも関わらず、千葉でリーディングするのは実は初めてです。

1. Universal Boardwalk
2. 井戸
3. 八月の光
4. 九月
5. 鵜原抄4中村稔
6. 水の上の透明な駅
7. すべて
8. 新しい感情

せっかくなので、千葉っぽいセットリストを組んでお届けしました。「井戸」は夏休みの帰省中に墓参したとき、「八月の光」は御宿海岸に友人十数人で行った海水浴、「九月」は鵜原理想郷の風景を描いた、この三篇は大学時代に現代詩研究会の詩誌に書いた作品。中村稔氏1966年の「鵜原抄」も同じく鵜原理想郷を描いた詩作品です。

郷里とはいえ長くご無沙汰しており、初めてお会いするお客様が多かったのですが、みなさんこころよく迎えてくださいまして、一語一語しっかり摑まえようとしているのが伝わってきました。大島さんのお父様とそのご友人、市立佐倉中学校県立佐倉高校の大先輩方に聴いていただけたのも光栄でした。

OOMこと右田晴山さん、佐々木漣さん廣川ちあきさん。オープンマイク参加者もみなさん個性的でとても楽しめました。川方祥大さんの「御宿を忘れるな」というリフレイン、大島健夫さんの半生記、誕生日が長嶋茂雄選手のラストゲームでそこから蘭学、ヴィクトリア朝、南アフリカ、と史実が果てしなく連なるガルシア=マルケス的世界構築など、千葉テイスト溢れる素敵なパフォーマンスが続きました。千葉市在住の画家森宏さんのひとり四声アカペラコーラスも強烈に盛り上がり。

オープンマイクの前にゲスト枠を置く構成もよかったです。Treasure River Book Cafe は壁一面が書棚の落ち着くお店。お料理も美味しく、生COEDOビールも最高です。ちょうど前日にオーナー宝川紘司さんのウェディングパーティが催されたばかり。その余韻も加わり、ハッピーな一日になりました。



2017年8月19日土曜日

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

蒸し暑い曇りの土曜日。ユナイテッドシネマ豊洲武内宣之監督作品『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を観ました。

舞台は千葉県飯岡町茂下。海岸沿いの中学校の夏休みの登校日、夜には花火が上がる。典道(声:菅田将暉)は同級生のなずな(声:広瀬すず)のことが好きだが気持ちを伝えられていない。親友祐介(声:宮野真守)と競泳で勝負して、勝った祐介をなずなは花火に誘う。

1993年に岩井俊二が脚本監督し、当時15歳の奥菜恵が主演したテレビドラマを大根仁が新たに脚色、新房昭之まど☆マギ)が総監督、シャフトがアニメーション制作。と、クレジットは豪華なのですが。

バカ男子たちの夏休み冒険ロードムービーとしても、トライアングル・ラヴ・ストーリーとしても、少年少女駆け落ち潭としても、タイムリープものとしても、中途半端でちょっと残念な結果に。タイムリープが不可抗力ではなく主人公の願望のみに基づいて起こるため、中二病の妄想にしか見えないことがその要因ではないかと思います。

シャフト制作だけあって映像はこれでもかというくらいきれいです。特に、海、プール、スプリンクラーなど、水の描写の美しさは2017年時点におけるアニメーション表現の最高峰と言ってもいいんじゃないでしょうか。

打ち上げ花火がどの角度から見ても丸いということに僕が初めて気づいたのは、1984年LA五輪の閉会式の空撮をテレビ中継で観たときです。それまではそんなことは気にもかけていませんでした。

「水の上の透明な駅のプラットホームで/君が見上げる花火を俺は/丘の上から視線の高さで眺めている」というフレーズが出てくる詩「水の上の透明な駅」を書いたのは2001年のことです。海上を滑るように渡っていく1両編成の列車の描写がアニメ版にありますが(1993年のテレビドラマ版は観ていないのでわかりません)、『千と千尋の神隠し』の類似シーンと中原中也の「言葉なき歌」(1936)を下敷きにしています。