2017年5月6日土曜日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 ③

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017』3日目の最終日、有料公演は3つ聴きに行きました。

■公演番号:364 
G409(ヌレエフ
15:15~16:00
梁美沙(ヴァイオリン)
広瀬悦子(ピアノ)
シューベルトヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番 ト短調 D.408
モーツァルトヴァイオリンソナタ第21番 ホ短調 K.304
ストラヴィンスキーイタリア組曲(バレエ「プルチネルラ」から)

初日の無伴奏(ソロ)、2日目の弦楽アンサンブル、3日目はピアノとデュオ、と3形態の梁美沙さんの演奏を聴きました。シューベルトとモーツァルトは短調の楽曲でしたが、上へ上へとどんどん伸びていくようなヴァイオリンの音色、それにつれて爪先立ちになって演奏する姿を記憶に刻みました。スラヴィンスキーの終盤でアンサンブルが少々乱れたのは3日間で6公演と大活躍の疲れもあったのでしょう。

■公演番号:345 
ホールC(バランシン) 19:00~19:45
パスカル・ロフェ指揮
フランス国立ロワール管弦楽団
ラヴェル古風なメヌエット
ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」

今回唯一のフルオーケストラプログラムは、典雅な中世の舞曲と見せかけて実はレプリカントなラヴェル(上述のストラヴィンスキーのイタリア組曲と似た位置付け)とアコースティック楽器によるノイズ/インダストリアルの元祖「春の祭典」という攻めのセットリスト。フランス人の指揮でフランスのオケが演奏すると、ロシアのルサンチマンともドイツのコンストラクションとも違う、八方破れな狂気が炙り出されます。

■公演番号:367 
G409(ヌレエフ)
20:45~21:30
ドミトリ・マフチン(ヴァイオリン)
ミゲル・ダ・シルバ(ヴィオラ)
モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏 ト長調 K.423
ヘンデルハルヴォルセン編):パッサカリア

LFJ2017の最終プログラムはヴァイオリンとヴィオラという最小単位弦楽アンサンブルでした。ロシア人とスペイン人のおっさんふたり(でもおそらく年下)。共通点は眼鏡で小太り。わずかにピッチが甘いところがあったものの、それを帳消しにするハイテンションで楽しい演奏でした。もはやこのプログラムのどこがダンスなのかはアレですが(笑)。

昨日は市民階級の台頭により、宮廷舞踏会が演奏(観賞)会に、つまりお金を払えば身分に関係なく音楽が楽しめるようになったかわりに、ダンスミュージックの機能が失われたというところまででしたが、宮廷舞踏が一方ではバレエという形式に洗練され専門職化する過程を今日は辿りました。ダンスは踊るものから観賞するものに。ここにもうひとつのパラダイム転換があった。

では一般市民からダンスの習慣が完全に失われたのかというと、そういうことではない。ホールEの無料プログラムで途中から観たテリー・ライリーの「in C」はミニマルミュージックの古典であり記念碑的作品です。地下の円形ステージを周回しながら踊る老若男女の姿は全く洗練されておらず東洋人らしい不器用なものでしたが、この不器用で好き勝手な身体表現の衝動こそダンスの本質ではないか、と思いました。


2017年5月5日金曜日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 ②

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017』at 東京国際フォーラム。2日目も晴天です。3公演聴きに行きました。

■公演番号:241 
ホールC(バランシン
9:45~10:30
上野星矢(フルート)
ロベルト・フォレス・ヴェセス指揮
オーベルニュ室内管弦楽団
J.S.バッハ管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ヘンデル:「アルチーナ」から
テレマン組曲ト短調「ドン・キホーテのブルレスカ」

ドイツ・バロック3大巨匠を朝一で聴く。平成生まれのソリスト上野星矢さんが超絶技巧なのに柔らかい音色で素晴らしかったです。上野さんが吹き振りしたバッハはオケも優しい演奏。指揮者が代ると同じオケが明晰で垂直的な響きを帯びるのが面白い。超弱音が特に美しく、ヘンデルは華やかに、テレマンは軽快で愉快に、メリハリをつけた演奏でした。

■公演番号:225
ホールB7(パヴロワ) 17:15~18:00
ロベルト・フォレス・ヴェセス指揮
オーベルニュ室内管弦楽団
ボッケリーニマドリードの通りの夜の音楽 op.30-6(G.324)
テレマン:組曲ト短調「ドン・キホーテのブルレスカ」
レスピーギリュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲

朝と同じオケで別の会場。今度はスペインがテーマ(作曲家は独伊)です。ボッケリーニは自身がチェリストだっただけにチェロの聴かせどころを知っている。レスピーギの流麗な小曲ではヴィオラにスポットが当たります。バレンシア出身のヴェセス氏は指揮棒を持たず、指先の繊細な動きで音楽をコントロールし、舞曲のリズムを明確に描き分けます。

■公演番号:227
ホールB7(パヴロワ) 20:45~21:30
ルイス・フェルナンド・ペレス(ピアノ)
アルデオ弦楽四重奏団
ドヴォルザーク「糸杉」B.152から 第11番第12番
ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 op.81

ここで200年が経過しまして、19世紀末最大のメロディメーカーの登場。第1ヴァイオリン梁美沙さんの音色の輝きと躍動感が突出しています。実際演奏時間の半分以上は腰が椅子から浮いているし、三割は片足の靴底が舞台に着いていない(笑)。2曲目からペレス氏のコロコロしたピアノの音色が加わり、更に音楽が踊り出しました。

バロックの楽団では各楽器のリーダーが掛け合いをするパートがあり、それを切り出したものがハイドン以降弦楽四重奏曲に発展しました。

ダンスがテーマの今年のLFJですが、バロック時代はヘンデルやテレマンが最新のパーティチューンとして貴族の舞踏会で演奏されていた(そしてJ.S.バッハは「格好良いけどいまいち踊れない」とdisられていたんじゃないかと思う)。ハイドンやモーツァルトあたりが端境期で、フランス革命を経て一般市民が料金を支払って演奏会を聴きに行くようになり、ロマン派、印象派と進む中で、舞曲のリズムは形式化していった。

貴族階級がダンスナンバーとしての機能性を重視し、市民階級は音楽の感傷的側面や知的興奮に傾注した。いまの感覚からすると逆のような気がするのが興味深く、一考の価値があると思います。

 

2017年5月4日木曜日

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 ①

5月の連休の恒例イベントはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラムで開催されるクラシック音楽フェスです。昨年は地方のお座敷と重なってしまったため2年ぶり、10回目の参加です。

今年のテーマはダンス。初日の5/4は有料公演をふたつ観賞しました。

■公演番号:122 ホールB7(パヴロワ) 11:45~12:30
ダニエル・ロイス指揮
ローザンヌ声楽アンサンブル
ブラームス:「2つのモテット op.74」第1番 何ゆえに悩む者に光が与えられたのか
ブラームス:愛の歌 op.52
ブラームス:運命の歌 op.54

重厚な才能に隠されてしまいがちですが、つくづくブラームスって人はバカ男子として人生を全うしたのだなと思います。人妻クララ・シューマンへの思いを妄想で切々と綴った全18番の男女掛け合いチューンが「愛の歌」。独唱者がアルトっていうのもブラームスっぽい。あと連弾も好きね。モテットの中間部の6声のカノンも美しかった。ローザンヌ声楽アンサンブルは男女30名編成で、ソプラノとメゾソプラノにそれぞれ1名ずつ男声カウンターテナーがいました。

■公演番号:165 G409(ヌレエフ) 17:00~17:45
梁美沙(ヴァイオリン)
J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004
イザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ第5番 op.27

一昨年のLFJで初めて演奏を聴いて魅了された梁美沙さんはパリで活動する在日コリアンです。今年は難曲に挑戦しました。欧州人の声楽家を大勢観た目にはあまりに小柄で華奢ですが、技術はもとより、音色の明るさと躍動感が最大の魅力です。実際曲の弾き始めと終わりとで舞台上のポジションが2mぐらい移動していた(笑)。G409は普段は会議室、超ドライな音響ゆえ、シャコンヌのダブルストップや分散和音ではやや苦戦を強いられたかと思います。

ガラス棟Eホールの無料サプライズ公演で聴いたホアン・ラモン・カロ氏のギターも素晴らしかった。リリカルで透明感があってややモーダルで、フラメンコ界のパット・メセニーといった風情です。


2017年4月30日日曜日

俊読2017

4月最後の日曜日はひんやりとした晴天。原宿クロコダイルで開催された谷川俊太郎トリビュートライブ『俊読2017』に出演しました。満員のお客様、クロコダイルと俊読のスタッフさんたち、谷川俊太郎さんと共演者の皆様、主催の桑原滝弥さん(画像)、どうもありがとうございました。

国語の教科書で、テレビCMで、ビールの缶で、誰もが一度はその作品に触れたことのある国民的詩人であり、85歳になったいまも毎年新刊を出版し全国で朗読ライブを開く谷川俊太郎氏。その作品をジャンルレスな出演者がカバーする。彼の作品を媒介に各々の個性を遺憾なく発揮し、あるいは発揮させられ。作品を選んだつもりが作品に選ばれていた、大詩人の生涯の一部分を切り取ったつもりが自分の人生観が切り取られていた。そんな面白さと怖さがありました。

清新な青臭さがまぶしいもりさん、リリカルなギターと歌声を響かせた吉田和史さん、女優として抜群の身体性で魅せた西田夏奈子さん、キュートな毒をふりまいた石原ユキオさん、「朝のリレー」を濃厚な終末感で塗り潰した猫道くん、絶え間ない気遣いで空間を演出した桑原滝弥さん、サプライズゲストに10年ぶりにお会いした上田假奈代さん、凛とした立ち姿に覚悟を滲ませた文月悠光さん。どなたも僕が思いもつかないような作品選びと演出を練って一流のエンターテインメントに仕上げてきています。

谷川さん本人による朗読は、赤塚不二夫水木しげる、近年亡くなった二人の偉大な漫画家に捧げた2篇の新作、憲法を題材にliving behaviorたる詩とdeath avoiding behaviorとしての法を対比させた「不文律」、クロコダイルの店長西哲也さんが中学生だった1960年代にスクラップしていた週刊朝日連載の「落首九十九」、そして滝弥くんのリクエストで「平和」。飄々とした浮遊感溢れる声で会場のひとひとりに手渡す。

出演者全員のセットリストは滝弥くんのブログをご参照ください。

僕は以下の6篇を朗読しました。

1. 頬を薔薇色に輝かせて田村隆一
2. ニューヨークの東二十八丁目十四番地で書いた詩(谷川俊太郎)
3. (カワグチタケシ)
4. 六十二のソネット59(谷川俊太郎)
5. 音無姫(岸田衿子
6. 星(谷川俊太郎)

田村隆一さん、岸田衿子さん、そして谷川俊太郎さん、という僕が考える日本戦後詩史上最大のbizarre love triangle、その関係性に説明を加えず作品のみで提示し、生者と死者を交感させる、というテーマで構成しました。田村隆一と谷川俊太郎が1971年の同じ夜を各々描いていること。夜に終始する田村隆一と最後に朝を描く谷川俊太郎、風邪を引いた田村夫人はかつて谷川夫人であった岸田衿子の更に後妻である。

僕たちのパフォーマンス中ずっと、谷川さんが舞台下手の椅子に腰掛けていましたが、加えて故人である田村隆一さんと岸田衿子さん、そして朗読した詩作品に引用されているディラン・トマスヘンリー・ミラーW.H.オーデンの亡霊を客席に感じながら。

出囃子には「ニューヨークの~」に出てくるJ.S.バッハの数多の楽曲からヴァイオリン協奏曲第1番第2楽章(シェリング版)を選びました。

1980年代育ちの僕にとって、カバーとはすなわち批評。また、親世代に対する反発も相俟って、ラヴ&リスペクトだけでは割り切れない気持ちがあります。複雑に入り混じる感情を自分の胸の底に見つける良い機会を提供してもらえたことに深く感謝しています。
 


2017年4月21日金曜日

港ハイライト「抱かれたい女」リリースパーティ ”踊りませんか?”

金曜日の吉祥寺は夜も大にぎわい。『港ハイライト「抱かれたい女」リリースパーティ ”踊りませんか?” ~ノラオンナ51ミーティング~』に行きました。

地階へ降りてSTAR PINE'S CAFEの厚いドアを押すとゴリゴリの中低域、大音量で流れるフレンチポップス。小西康陽さんのDJで贅沢なお出迎え。それだけで特別な夜だとわかります。

オープニングアクト水井涼佑さんがリリカルなピアノと透明感のある歌声で描く無国籍な小都市の情景と客席からの大きな拍手を縫って7人のミュージシャンが登場する。

港ハイライトの1stアルバム『抱かれたい女』。昨年7月のリリースからだいぶ時が経ってのレコ発ですが、そのタイムラグまでもが大人の余裕を感じさせる、めくるめくエンターテインメントの2時間でした。

ノラオンナさんのウクレレ弾き語り「港がみえない」に始まり、ワタナベエスくものすカルテット)のフレットレスベースに導かれレコードよりわずかにテンポを落とした「無理を承知で言ってるの」から「港ハイライトブルーズ」まで。全9曲のアルバムのうち収録順に8曲が立て続けに演奏されます。普段はギタリストでもある古川麦くんはほぼ全曲をハンドマイクで歌い通しました。

そしてほりおみわさんが見た夢でノラさんが歌っていた曲のタイトルから作られた新曲「都電電車」を再びウクレレ一本で。水井さんの澄んだ音色のピアノと麦くんのフレンチホルンに乗せた「風の街」も美しかった。もうひとつの新曲「踊りませんか?」はボ・ディドリー・ビートのハイテンションなダンスチューン。最近演奏される機会があまりなかった「あばんぎゃるどあなくろにずむあいどる」と「ボサボサ」、5人編成のオリジナルメンバー時代の名曲を水井さんとノラさんの二声で聴けたのもうれしかったです。

プライベートなホームパーティの趣きがあった昨年末のプチレコ発とは対照的に、これはもうライブというより一幕の舞台芸術と呼んでも差支えないのではないでしょうか。一夜限りの贅を尽くしたノラオンナシアター。小西さんの選曲はノスタルジーの額縁、バンドメンバーは腕の立つ水夫たち。いぶし銀の匠も、血気盛んな若衆も、異国のリズムを連れてくる。ノラさんは一言のMCも挟まず、丙午生まれのファムファタールたる港の酒場のコケティッシュな女主人を見事に演じ切っていました。



2017年4月16日日曜日

夜は短し歩けよ乙女

初夏の日差し。COREDO室町2 TOHOシネマズ日本橋湯浅政明監督作品『夜は短し歩けよ乙女』を観ました。

大学3回生の先輩(声:星野源)は黒髪の乙女(声:花澤香菜)に恋しているがプライドの高さと小心さから気持ちを伝えることができない。一方、乙女は先輩の恋心にまったく気づいていない。

春の木屋町・先斗町、下鴨神社糺の森の納涼古本市、秋の大学祭、風邪が蔓延する真冬。京都の四季を背景に衒学的で癖の強いキャラが交錯する森見登美彦の小説を一夜の物語に再構成しています。

ボーイミーツガールのテンプレートのひとつに、天真爛漫で奔放な女子に不器用な男子が翻弄されるというものがありますが、この物語の場合は黒髪の乙女も巻き込まれる側。ただその巻き込まれ方に迷いがなく、どんなにエキセントリックなコミュニティにも微塵の躊躇も先入観も偏見も持たずに溶け込み、結局主役になってしまう。

でも、この物語の本当の主役は京都の夜。画角には収まらない深い闇を登場人物たちの狂騒が際立たせる。カラフル、ノンストップ&ジェットコースティンな展開は、1951年制作のディズニー映画『ふしぎの国のアリス』にも比肩しうるサイケデリックムービーといってもいいでしょう。乙女がとにかくよく酒を呑む。第三幕、学園祭のパートはミュージカル仕立てです。

もう7~8年前になりますが、映画化するなら誰をキャスティングするか、原作小説ファンで京都在住の友人と議論したことがあります。そのとき僕は上野樹里を推したのですが、今回映画を観て、アニメで、花澤香菜さんでよかったと心底思いました。

バャリース赤玉パンチ電気ブラン浅田飴といったノスタルジックなアイテムにも事欠かない。『シング』や『モアナと伝説の海』などハリウッドアニメーションが3D方面に映像表現を突き詰めていくのとは相反して、フラットな作画と色彩に徹しているのがとても日本画的です。
 


2017年4月15日土曜日

森のテラスライブ ~不思議の森へようこそ~

気温が上がり、風がすこし湿気を帯びて、春ですね。京王線に乗って仙川へ、商店街から住宅街を抜け、『森のテラスライブ ~不思議の森へようこそ~』にお邪魔しました。

武蔵野台地のきわ、断層崖の高低差を活かして建てられた一軒家。造園会社の事務所兼自宅の一室と広いウッドデッキを解放した森のテラス。鳥の声とすこし強めの風にさわさわと葉擦れの音が聞こえます。

最高の環境の中、アンプラグドライブは、主催者まりさんによる絵本『もりのおふろ』の朗読から始まりました。去年5月にここで同じ二人の音楽を聴いたときは新緑でしたが、今日は葉桜を背に。床まで届く大きな窓から明るい光が入り、逆光で表情はよく見えませんが、そのぶん音楽のコアが直接届きます。

ある種のレボリューションアンセムとして聴いていた中田真由美さんの「希望のカケラたち」は、窓から吹く風に花びらが足元まで運ばれ、隣室のキッチンにはジャガイモを剥く父親、オン眉の幼い姉と、母親に抱かれる生まれたばかりの妹、そんな家族の実景を脇に置くと、シンプルに平和を祈る歌なのだと思え、MVの演出意図が理解できました。

普段はループマシンやエフェクトを用いたファンタジックなサウンドスケープが魅力のオツベルくんは、生音生声の演奏も鮮やかで、音楽の本質的な豊かさを表現できるミュージシャンだということがよくわかります。演奏中に空がだんだん暗くなり、俄か雨が降ってきました。テラスに上がるときに脱いだ靴をみんなで玄関に並べ直したのも楽しかった。出演者とスタッフ、観客が協力してより良い時間を作ろうとしている。

中田さんが描いた絵本『ゆめくいバクとにじいろキャンディ』の朗読と、その物語にオツベルくんが書いた新曲のデュエットも素敵でした。中田さんが自作曲以外を歌うのを初めて聴いたような気がします。澄んだ声にフレッシュなたどたどしさがあって美しかったです。カバー曲なんかももっと聴いてみたいな。

終演の頃にはまたすっかり晴れ上がった空。慌ただしかったこのひと月の雑事を忘れて、のんびりした時間を過ごすことができました。